MOVEMENT|ムーブメント

hot people in Roger's : 中村 瑠美子 さん エマ・アルカヤ さん

hot people in Roger's : 中村 瑠美子 さん エマ・アルカヤ さん

 
 
 
 様々な音が身近にあり、音楽の島ともいわれる、沖縄。その那覇市で30余年に渡り、匠の演奏と魅力的な歌声を聞かせてくれるジャズライブハウス〈ピノスプレイス〉がある。今は亡きフィリピン出身のピアニスト、ピノ・アルカヤさんと、妻でボーカリストの中村瑠美子さんがオープンしたライブハウスだ。現在は、娘でフルート奏者のエマ・アルカヤさんも加わり、ジャズを中心に素晴らしい音楽を響かせている。
 1981年に沖縄市中の町で〈ノクターン〉というお店を始めたのが、2人のジャズライブハウスのスタート。3年ほど後、「コザはジャズというよりはロックのイメージも強かった」のと、ハーバービューホテルでピノさんが専属ピアニストとして演奏していたこともあり、那覇に〈ピノスプレイス〉をオープンした。
 演奏するのはジャズスタンダードを中心に、ラテンやポップスから映画音楽まで、レパートリーは幅広い。その多くは、ピノさんがアレンジを手掛けたものだ。元々は基地の中でクラシックピアノを教えるために沖縄にやってきたピノさんだが、「夜が空いてるなら演奏してよと、悪い先輩達(笑)に誘われるうちに、ジャズもプレイするようになった」と、瑠美子さんは話す。ピノさんのアレンジした瑠美子さんのレパートリーだけで、500曲以上はあるという。各楽器の譜面も全てピノさんによる手書き。「パソコンで書いたんじゃないの?」と言われるほど美しい譜面は、クラシックを專門としてきた知識と技術はもちろん、「彼の几帳面な性格あってでしょうね。趣味みたいなものだったかも」と瑠美子さんは笑う。
 しかし、2009年に、ピノさんが突然の他界。だが瑠美子さんはお店を辞めるつもりはなく、ひとり続けることになった。当時を振り返り、「しっかりしているつもりだったけど、お客様から、今だから言うけど、なんだかふわっと浮いているみたいだったよと。でもそうやって、常連さんが見守ってくれていたことがわかった。愛されていたんだなって」と語る。
 エマさんは、ピノさんから3歳よりクラシックピアノを習いはじめた。そして8歳の時にフルートを始める。フィリピンでは、ピアノを習いながら、管楽器も習うというのが一般的なスタイルとのこと。そんな中、フルートを選んだのは、「ピアノと同じキー(調)の譜面なので、リード(読譜力)が鍛えられるから」。
 中学、高校と吹奏楽部だったこともあり、父が亡くなるまでは、ジャズは特別に意識していなかったという。しかし、父でもあり音楽の先輩でもあるピノさんの突然の死をひとつのきっかけとして、「ジャズにマインドが向かった」。
 ジャズ演奏における管楽器としては、フルートは少数派だ。奏者の少ない楽器を手に、エマさんはジャズの道に進む決意をした。沖縄ではさらに奏者の少ない楽器だが、「だからこそジャズだけでなく、ジャンルを問わずできると思う」と、エマさんはその熱い思いを語る。現在は、琉球大学に通いながら、ほぼ毎晩ステージに立つ。「負けん気が強いので、先輩のミュージシャン相手に、どんどん攻めてます(笑)」。そんな様子に瑠美子さんは、「若くてアクティブな演奏に先輩方も、うぉりゃ〜!って演奏してますよ」と、顔をほころばせ話してくれた。
 「エマが入るようになって、若いお客様も増えてきた。こうやってお店は続いていくんだなと感じている」と瑠美子さんは話す。「これからも40年、50年。そして100年!(笑)続けていきたい」と、キラキラとした瞳でエマさんが語ってくれたように、親から娘へ、そしてこれからも〈ピノスプレイス〉ではパッション溢れる音楽を楽しませてくれそうだ。
 そして瑠美子さん、エマさんはもちろん、〈ピノスプレイス〉で演奏するバンドが、11月16日に開催するプラザハウス恒例のワインパーティーに出演!ワインとともに、音楽もお楽しみあれ!(詳細は29ページをご参照ください)
瑠美子さん
ドレス ¥55,000
FUZZI/イタリア
ピアス ¥20,000
ANNA E ALEX/イタリア
ブーティ ¥19,000
CARMEN SALAS/スペイン
 
エマさん
ブラウス ¥42,000
FUZZI/イタリア
ジャケット ¥35,000
パンツ ¥24,000
THINK CHIC/イタリア
ベルト ¥19,000
MAISON BOINET/フランス
パテントダブルストラップ ¥38,000
PARLANTI/イタリア
ピアス ¥38,000
ANNA E ALEX/イタリア
取扱店舗:JARDIN、PASSAGE

 

PAGE TOP