MOVEMENT|ムーブメント

hot people in Roger's : David Ralston さん MERRY さん

hot people in Roger's : David Ralston さん  MERRY さん

 
 昨年の11月のこと。場所はアメリカのテネシー州ナッシュビルという町。デビッドさんの友人の〝クレイジー〟な提案がきっかけで、老舗のアンティークショップの中でMERRY & Davidの演奏を撮影していた。
すると店の中に背中も丸くなった老紳士が入ってきた。
どうやら、同伴している家族の反対を払いのけながら。
演奏を聴き終わった後、そのご老人はゆっくりと二人に歩み寄りこんな話をしてくれたという。
「この楽器(三線)の音色をね、確かに覚えているよ。オキナワだよね?なんて美しい音なんだろう。実はね、1945年、私はオキナワにいたんだよ。まだ幼かった。でもそれはね、人生で最悪の思い出なんだ」
ご老人はそう言って、また椅子に戻って、わずかに体を揺らしながら彼らの音楽を聴いた。演奏の間、デビッドもメリーさんも、撮影しているクルーも、涙を堪えることができなかった。
 
「沖縄に住んでいた事は、一緒にいた彼の子孫にも話していなかったみたいだよ。あまりにも残酷な戦場の思い出を封印していたんだと思う。最悪の経験を覚えていながら、美しい音楽の記憶に手繰り寄せられて、彼は70年ぶりにオキナワと再会した。音楽の魔法を実感した出来事だった」デビッドさんは振り返る。
 MERRY & David Ralston。沖縄出身のメリーさんが三線を、アメリカ生まれ、来沖20年を迎えるデビッドさんはギターを手に、二人で沖縄民謡やブルース、ロックを歌い奏でる。
「沖縄音楽とブルースやロックは、リズムの相性がぴったり合うんだ。でも、だからと言って沖縄の民謡をロック風に、とか、ボサノバ風に、などと違うジャンルにアレンジするのは好きじゃない。お互いのルーツがピュアなままぶつかり合う音楽が自分たちの個性。〝考え方も、見た目も、何もかも、とことん異なっているってことは、最高にクールなんだ〟と伝える。僕たちが奏でるのは、そんな音楽でありたい」。
 20代で沖縄に移住して以来、沖縄で家庭を築き仕事のキャリアを積みながらも、プロのギタリストとして地元のミュージシャンとステージを共にしてきた。もちろん、対立することも、アメリカに帰りたくなることだってあったけれども、たくさんの友人に恵まれ、また音楽が支えとなって、彼の沖縄での人生を意義深くしていったと話す。
 二人で演奏活動を始めて3年目を迎える今夏、新しいアルバムを8月6日にリリースする。タイトルは「OKINAWA AMERICANA」
文字通り、沖縄とアメリカの歌ー安波節やアメイジンググレースなどを、沖縄、ナッシュビル、テネシー、淡路島、そしてロサンゼルスで録音。参加したミュージシャンには、カーペンターズや、ジャクソンブラウンと共演してきた世界的に有名なピアニストや、ベーシストが名を連ねる。「沖縄に行ったこともない、沖縄を知らない彼らが民謡や三線の音にあんなに興奮するとは思わなかった」と話す。「たった少しの言葉を交わし、譜面を確認し合うだけで、彼らはすぐに沖縄の音を理解しているように見えた。全ての曲を、ワンテイクで完璧に仕上げることができたんだから」
 世界の民族音楽を愛する評論家、ピーターバラカンにも認められたその演奏活動は現在、県外・海外でも展開されている。
「アメリカと沖縄。いろんな考えがある。いろんな思いがある。対立することもあるし、いつか消える壁もある。ただ、今僕たちにできることは、最高の音楽を奏でること。それだけなんだ。そしてきっと、それが最高のことなんだ」。
 
デビットさん
シャツ ¥15,000
THINKING MU/スペイン
パンツ ¥15,000
BRIGLIA 1949/イタリア
シューズ ¥16,000
GIANNI RUSSO/イタリア   取扱店舗:ARENA
 
メリーさん
オールインワン ¥90,000
ALTEA/イタリア
ネックレス ¥53,000
リング ¥16,000
CLAUDINE VITRY/フランス
イヤリング ¥38,000
ANNA E ALEX/イタリア
シューズ ¥14,000
SAMOA/イタリア  取扱店舗:JARDIN,PASSAGE
 
 

PAGE TOP