MOVEMENT|ムーブメント

hot people in Roger's : グース外間 さん

hot people in Roger's : グース外間 さん

 
「自分はアルゼンチン人なのに、どうしてこんなに顔が違うんだろうと思って、小さい頃からおじいさんによく話を聞いていた」と語ってくれたのは、祖父が大里村(現・南城市)からアルゼンチンへと移民した系譜を持つ、日系3世のミュージシャン、グース外間さん。「おじいさんのふるさとを見てみたい。自分のアイデンティティを考えたい。なにより、チャレンジしてみようと思って」、北中城村(母方の祖父の出身地)の海外移民子弟研修生の制度で、2015年に初めて来沖。そして今年、第6回世界のウチナーンチュ大会開催にあわせ2度目の来沖をはたした彼に話を聞いた。
 
「家の中の言葉は、ウチナーグチとスペイン語のチャンプルーだった」というように、祖父と父はウチナーグチで会話し、父とグースさんはスペイン語で会話。そして祖父とグースさんは、スペイン語とウチナーグチの混じり合った言葉で会話をしていたそうだ。グースさんは、小さい頃から祖父の移民した時のことや、沖縄の話などよく聞いていたという。
 彼の祖父は1934年、17歳の時に大里村(現・南城市)から船で三ヶ月かけてアルゼンチンへ移民した。多くの日系移民と同様に、言葉の壁や悪環境などもあり、数々の苦難を強いられたという。それでも多くの日系人が助け合いながら生計を立て、沖縄への仕送りもしていたそうだ。「1世たちの苦労は、ほんとうに計り知れない。彼らが頑張っていてくれたから、僕らが今こうしている。」
 
 アルゼンチンでは医者、ミュージシャンの二足のわらじのグースさんだが、母親はピアノの先生、父親は医者という家庭で育ち、自然と音楽に触れ合って興味を持つようになった。小さい頃からピアノを習い、15歳からは作曲もはじめた。アルゼンチンの音楽は、明るいイメージの強い同じ南米大陸の他の国々とは違い、憂いのあるアルゼンチンタンゴに代表されるように、ヨーロッパの影響も強くうけている。グースさんの作る曲も、洗練されたメロディーと優しくも力強い歌が魅力的だ。
 「祖父も、父も三線を弾いたけど、前はそんなに興味を持たなかった」というように、グースさんの作る曲には、いわゆる「沖縄」的な表現はない。しかし、昨年の三ヶ月の滞在で、沖縄音楽への興味もより沸いてきたという。「沖縄のウタの特に歌詞が素晴らしいなと感じました。例えば、〈てぃんさぐぬ花〉などは、とても美しい。」
 
 そしてまだ知らない沖縄への想いを込めて、祖父と全ての移民へ捧げる『Entre Claveles(カーネーション)』を創り上げた。スペイン語の歌詞だったが、滞在中に知り合った企画制作プロデューサーでもある仲宗根ゆうこさんの協力を受け日本語に訳し、タイトルも『時空の花』として、完成させ、沖縄でのCDリリースも決まった。「アルゼンチンと沖縄と離れながらの作業だったが、ネットのおかげで、沖縄で音楽の仕事もできると感じました」。そして、第6回世界のウチナーンチュ大会連携事業のアルベルト城間さんがプロデュースを手掛けた「OKINAWA LATINA」で発表するために、アニメーションも制作。「イラストなども全部日系のチームで作った」というその映像は、You Tubeでも見ることができる。
「これからは、年に一度は沖縄にきて音楽の仕事もしていきたい」と、チャレンジ精神溢れる、NIKKEIウチナーンチュは目を輝かせて語ってくれた。
 
 そして、プラザハウスフェアモール3階のライカムアンソロポロジーにて、11/12(土)に、カナダ在住の沖縄県系3世のカーリー金城(from 金城ブラザース)とのジョイントコンサートを開催。こちらのギャラリーでは、ちょうど沖縄の血や文化が混じり合った人々を撮影した写真の展示もある、垂見健吾写真展『琉球人の肖像』も開催中。
世界に広がる沖縄のエネルギーをより感じることができそうだ。
 
 
 

 

PAGE TOP